--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 子育てブログへ
2008.02.15

再縫合

画像 750

②です。コレが通常の・・・顔です。

以下の写真をご覧になる方、
かなり覚悟してください。。


いきますよ~~~~っ!!















画像 090

ど~~~ん。

コレも②です。

何故、こうなってしまったかと言いますと。。。

先日、オデコが裂けてしまい病院で8針も縫いました。
結果も良好?!で縫合から1週間で無事に抜糸を
済ませましたが・・・


その夜に


ゴ~~ン・・・・ぎゃ~~~~っ!!


①とじゃれ合っていた時に
勢い余って壁に激突した模様。


またまた、オデコから大量の出血。
恐る恐る傷を覆ったガーゼを剥がしてみると



ぱっくり

・・・あ~らら~~~


大泣きで縫合を頑張ったのが
つい1週間前で、、また縫うのか・・・


と思うと病院に連れて行くのが可哀想に思えた私。


とりあえず、抱っこして止血していると
前回同様・・・眠りに入る②君。


旦那が帰ってきて・・・一喝!



” なぜ病院に連れて行かない? ”



・・・えぇぇ ごもっとも

・・・でもでも 私も色々と動いたんですよ?
ほら・・・緊急病院やら当番医に電話したりさっ

そしたら、、やれ 『担当が不在』だの『詳しい検査が出来ない』
だの言われて断られ続けて・・・

やっと病院が見つかったところだったんですよね。。





すぐさま用意をして家族4人でゾロゾロと緊急病院へ。


1時間くらい待って、②の番です。

先生の判断は もちろん



再縫合



1週間まえの恐怖を思い出した②は大泣き。。

『帰る~』と泣きじゃくる②をベッドに寝かせ
馬乗りになって押さえつけるのが私の役目です。


想像してみてくださいね。

②に馬乗りになっているわけですから、
患部が目の前で・・・

愛するわが子が痛がっている場所に
容赦なく麻酔の針を何度も挿すわけです。

一度、縫合したところが裂けると
前よりも傷のつきが悪くなるそうです。

傷口もギザギザになっているので
メスで傷口を綺麗に切って・・・

傷の中を縫う 『中縫い』を合わせて
全部で15針も縫いました。


麻酔が効いていても、怖さが勝り
手術中ずーっと泣いてもがいていました。


いくら押さえつけておかなくちゃいけないとは言え、、
私の体重5?キロがのしかかっては
可哀想すぎるので、
私も ずーっと中腰状態です。

脚は痺れるは、②に『重い』と愚痴られるは
手術は目と鼻の先で見させられるは。。。


手術が終わる頃、②と二人で汗だくになっていました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


手術が終わって半日経った頃
②の顔が腫れ始めました。

1回目の縫合の時は全く腫れなかったので
病院で診てもらうと、、先生にアッサリ

『 そりゃ 腫れるでしょうね~ アレだけの傷ですからね~ 』


と言われてしまいました。


あの時、縫うのが可哀想だから
病院に連れて行くまいか・・・と一瞬でも思ってしまった私・・・反省。


↑この写真は腫れが最高潮の時です。
この腫れも3日ほどでひきはじめ、
今ではすっかり、1枚目の写真の顔に戻っています。


先生の予想通り、傷のつきは悪いですが、、
2度とオデコを、ぶつけないように
包帯でグルグル巻きにして治るのを待っています。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 子育てブログへ
この記事へのトラックバックURL
http://ta9686ma.blog16.fc2.com/tb.php/353-22363c9c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。