--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 子育てブログへ
2004.07.28

子宮頚管無力症・縫縮術

順調にマタニティライフを送っていました。

7ヶ月に入ったころ、なんだか膣の入り口の辺りが
ちょっと痛むな~って思っていました。

そう思い始めて 始めての検診で

子宮頚管無筋力症と診断されました。

子宮頚管無筋力症とは…
7ヶ月頃の通常の子宮頚管は2~3cm。
それが何らかの原因により至急口が開き
子宮頚管が短くなる。

つまり 赤ちゃんが出てしまいそうになっている。

診断された時の私の子宮頚管は7ミリでした。

すぐに入院。一旦 身支度を整えるため家に帰り
(それ自体も 反対されましたが…)
それから1週間 トレイ以外はベッドから離れてはいけない
絶対安静の生活を送りました。

しかし、子宮頚管は7ミリのまま 変わることなく
子宮頚管縫縮術を受けることになりました。

子宮頚管縫縮術とは テープもしくは糸で子宮頚管を縛る手術。

手術自体は簡単で、早く なんの痛みも感じませんでした。

手術から1週間で退院。それからは何の問題もなく出産を迎えました。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 子育てブログへ
この記事へのトラックバックURL
http://ta9686ma.blog16.fc2.com/tb.php/208-05574448
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。